水草絨毯へのチャレンジ結果!ベタ水槽/グロッソスティグマ

ガラスにへばりつくカワコザラガイ駆除方法
ベタと混泳できる魚を発見(上の駆除対策の産物)
水草絨毯へのチャレンジ
 
前回からかなーり期間が空いてしまいましたが、そのおかげか効果も目に見えて分かってきましたよ!熊野です^^
 
カワコザラガイというゴマくらいの小さな透明な害虫(スネール)。これが水槽のガラスにびっしりくっついていたのですが・・・、チェリーバルブを投入してからあっという間に激減!これは本当に凄かったです。1日くらいすれば、もう殆ど見えなかった程。。。三匹入れて、色々あり二匹が☆になってしまいましたが、メス一匹だけでもカワコザラガイを見かけることはありません。 ※このメスが強すぎてオスがいじめられ☆になったので、追加するつもりはありません(涙)
 
 
さて、次は水草絨毯へのチャレンジですね。
 
2016年8月14日の水草の様子
写真が植えた直後の様子 2016年8月14日
 
下の写真は 2016年9月28日の様子
2016年9月28日の水草の様子
 
 
前にご紹介したライトとCO2でも問題なく絨毯になりました。しかし私の場合ライトを当てる時間が長すぎたせいで、コケまで広がってしまいました>< 今はコケを抑える液体も投入して、少しはマシになってきていますが・・・やはりちゃんとライトの時間調整できるものを買うべきですね。。。 
 
色々と調べてみたのですが、ライトの照射時間は大体5~8時間みたいですね。12時間当てる場合は合間に1時間位消灯すると良いともありました。
 
水草には強い光を短時間。コケは長時間の弱い光が大好きらしいです(苦笑)どうしても仕事の間はつけっぱなしになってしまうので、12時間は軽く超えていました。近々タイマーを買うつもりなので、その際は水槽をリセットしようと思います!
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です