【楽天銀行】開設までが結構大変だったこと覚え書き

銀行のイメージ

今回はちょーっとまじめなお話。

一ヶ月前くらいでしょうか。突然、楽天銀行の口座が必要になって何も分からず手探りで取得したんですが、これがなかなか手強かったのでメモしておこうかなと思いました。熊野です!

なんで楽天銀行が必要になったのかというと、ランサーズ(Lancers)の入金振込が楽天以外だと手数料500円取るのに対し、楽天だったら100円と安かったから。ランサーズとはクラウドソーシングという仕事をしたい人と仕事を引き受けて欲しい人を繋げるサービスです。

そりゃ意味がわからずとも楽天口座取得したくなりますよね^^;月二回の入金なので振込手数料が、他銀行なら1,000円、楽天なら200円じゃ凄い差ですから しかし、これが思った以上に長い道のりでした。

そもそも楽天銀行とは

簡単にいうと従来のATMや窓口がある銀行ではなく、楽天がインターネット上で口座を管理する銀行ですね。

「ATMで記帳しなくてもネットで明細が分かる」

「365日24時間いつでも好きな時に利用できる」

と、まあFXとかやってる人には嬉しいのかな?(私はやってないけど)。あとはヤフオク出店・出品している方にも便利かもしれません。

もっと色々利点はあるようですが、とりあえず私は手数料を抑えたい!という理由だけで開設しましたw ネット時代だし、クラウドソーシングみないな仕事は今後も増えていくでしょうしね。それに、イチイチATMまで走らなくて良いのは確かに便利。ひょっとしたらネット銀行に切り替えた方が手数料が安くなるかも・・・。またあとで個人的に調べておかなきゃ!

開設まで何が大変だったか

とにかく開設まで時間がかかったことが精神的にキツかったかなと思いますね。トータルで一ケ月近くかかりました。

あと、初期設定が結構ややっこしかったり、届くメールも多すぎて「どこにパスが書かれてるのー!」と急いでる時に分からなくなり、プチストレスを感じました。(メーラー内で検索かければすぐだったのですが、やり方知らない人は大変なんじゃないかなと^^;)

まず、本人確認書のコピー等を送らなければいけないんですが、ここに二週間ほどかかりました。免許書があればスマホ等で写真を撮って、専用アプリで送信すれば2日程度で送れたらしいんですが、引越ししてまだ住所変更出来てなかったため、泣く泣く住民票の原本を封筒に入れ楽天へ発送。しかも、この発送するための封筒も取り寄せになったので、ここでも1~2週間待った上での発送です。(アプリだと住民票は受け付けられないようです)

さらにそこから本人確認書がOKになり初期設定のお知らせが来るまで二週間。ちなみに送った住民票原本は返ってきませんでした^^;

楽天銀行は初期設定をしないと使えないようになっています。(当たり前と言えば当たり前)

この初期設定、最初の方に発行された「登録番号」と「アクセスキー」ではないのでご注意!(私はここで躓きました)

ちゃんと送られてきた用紙を確認したら説明してくれていましたが、とにかく出勤前で急いでたので見落としました(苦笑)。 後は流れに沿って入力していくだけなんですが、何故かワンタイム認証の設定でも躓く^^; メールで送られてきたパスをコピペでやらずに、手入力しないといけないようです。

終わりに

まだ開設したばかりでこれから運用していくのですが、導入してしまえばあとは楽かなーっと思っています(苦笑) 同じようなところで躓いた方の参考に、少しでもなれればなと思います!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です