やってしまった!リトープスを初めて溶かしてしまった(原因と改善)

リトープス 多肉植物

6月9日にやってきたリトープス。今日で丁度二週間目だったんですが、早くも一株溶けてしまいました>< 他の方の参考になれば・・・と思って記事を書きます。


上の写真でいうと黒い鉢の子が今回枯らしてしまったリトープスです。オリーブ玉という、透明な窓が綺麗な緑色の種類なのですが・・・

溶けたリトープス 多肉植物

たまたま外で日光浴させている時に気がついたんです。ちょっと凹んでいたのが見えたので「まさか」と思ったら・・・。恐らく、脱皮した皮をそのまま付けていたせいで、中でムレてしまったみたいです(涙)

ネットで色々調べていた時、リトープスの脱皮したあとの皮は、外さず付けておきましょう。というのを鵜呑みにしておりました・・・。

溶けたリトープス 多肉植物

いざ剥いでみると、ちょっとカビっぽくなっていました(ヒイ!) これで学びました。リトちゃんの脱皮した皮は、なるだけ早く取り除いてあげようと。。。茎が皮に覆われたままだと、そりゃムレるし息できないでしょうから。。。

ちなみに隣の子も皮付きでしたが、幸いにもこちらはまだムレておりませんでした。

溶けたリトープス 多肉植物

慌てて横の子の皮も剥がす。皺ひとつない綺麗な茎が出てきて胸を撫で下ろしました。。。茎も太くしっかりしています。ただ、同じ鉢に入れていてもいいものか悩みますが、まあ、感染するものじゃないと思いますし、(私がそう思うだけですよ!) 室内に入れている時は扇風機を回すようにしているので、大丈夫かなと思っています。

2016年6月25日追記

改めてリトープスを取り扱っていらっしゃるお店を発見して、オーナーさんに聞いてみたところ、皮はつけたままにしておくのが正解らしいです。

というのも、皮をはぐ時本体を傷つけてしまう恐れがあるからだそうです>< なので、私の場合は完全に「風通し」が足りなかったのが原因のようです。

招福玉 リトープス 多肉植物 脱皮した皮

リトープスは購入してきた鉢と土をそのまま利用しています。秋ごろには良い鉢を見つけて植え替えたいなぁと思っています。中々理想の鉢が見つからないんですよね^^;

育成が最も難しいとされるリトープス。早くも洗礼を受けたような気がします。特に夏場の管理が一番難しいようですね。日光だったり梅雨だったり・・・。日本の蒸し暑い環境はリトちゃんたちには過酷かも。。。 それでも、ちゃんと半日陰に置いたり、風通しを良くしてあげれば応えてくれると思っています。

リトープス初心者ですが、これからも様子を見ていきますよー!一応今回の子は、抜かずもう少しだけ置いておきます。水は与えません。徹底的に湿度と換気と気をつけながら、ダメ元ですが何とか復活・・・させてあげたいなと考えています。

余談

多肉植物 神刀 蕾

先日市場で買ってきたクラッスラ属の神刀ちゃんが、何やら蕾をつけていました!お花が咲くのかな?ワクワクしながら、こちらも様子をみていきます^^



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です