テラリウム、多肉植物用に育成ライトを買ってみました!

多肉植物 テラリウム 育成ライトを設置してみた

 

前回の記事で書いた「徒長」の問題を受けて、育成ライトというものを買ってみました!まずはパッケージをご覧ください。

LED育成ライト ツインライト コンパクトなスタンドタイプ

 

手の大きさと比較しても、結構コンパクトな大きさですよね。
「育成ライト」で調べてみると、どれもこれも業務用か!?というほどデカイものばかり。
あとはスタンドを自分で用意して電球だけ購入するタイプとかもありました。
 
そしてライトの色ですね。これが実は一番のネックでした。

 

紫やピンクや青など・・・・植物のためなんだろうけどムーディーなカラーのライトばかり(苦笑)
設置したらお部屋がどっかのホテルのような感じになりそうだなぁと。

 

そんな中、私が上の商品を探した理由は以下のとおり

 

—————————————
■ライトの色ができるだけ自然なもの
■コンパクトなもの
■3000円以下の手頃なもの
■設置が簡単なもの
—————————————

 

それに当てはまったのがこちら!

植物育成用LEDツインライト・ホワイト[ACアダプター付][室内植物を元気に]

 
Amazonで買ってみて、今日届きましたよ~!

 

植物育成用LEDツインライト

 

なんと電池でもアダプターでもUSBでも使えちゃうという・・・。これなら、オフィスにも持って行けそうですね(笑)

 

私は自宅で使うので、アダプターを使用します。
(iPhoneとかについてるアダプターです^^;)

 

植物育成用LEDツインライト パッケージ背面 注意書き 使い方 スペック

 

注意書きはこちら。
ライトヘッドが2つあり、スイッチで片方だけ点灯させる・・・ということもできます。

 

育成ライトを使ってみたイメージ

 

テラリウム 多肉植物 ビン

 

上が使ってみた画像、下がライトを切った状態

 

そんなに違和感ないですよね!ライト自体は緑と赤の色が使われているんですが、相乗されてそんな気になるような色にはなってないと思います^^ これは大正解でした!

 

ただ、かなりスタンド部分に重心がなく、ちょっとヘッドを曲げたら簡単に転倒します。私は紐で固定して倒れないようにしています。

 

光としては弱いのかな?と思いますが、数日様子をみないと分かりませんね。あと思ったことが、できれば鉢やテラリウムは2、3個が限度でしょうか。ライトが小さいので、それほど広範囲は照らすことができません。

 

私の置いてあるテラリウム数だと、圧倒的に照射範囲が足りません(苦笑)ゆくゆくは大きなものを買うかもしれませんね~。

 

また使ってみて効果の程をご報告したいと思いますー(*´∀`*)

設置して一週間経った記事はこちら

設置して一ヶ月後、次なる効果を期待して別の育成ライトを購入しました!

 

購入した多肉植物はこちら☆

 

 

どれもこれも可愛いくてお気に入りです(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です